喪女の期間工話

3ヶ月限定で期間工やってみます。期間工が終わり次第元のブログに戻す予定。

ふわ

遠回しに使えないやつ認定を食らって死にたくなりました…どうも僕です。

来週はいよいよ退職説明会があるのでそれを一日千秋の思いで過ごしております。

単純作業が自分に合わない事に気づけて良かった。
覚えるためにも勿論聞きまくり~のメモ取り~のと、とにかく行動&実践。
が、どうも何かピンとこないどころか頭に入っていかない。不思議と覚えないんですよ。なんだこれ。
僅か1ヶ月足らずで経たずに気づいてしまったんですよ。あ、これ興味が持てないしやる気でないし苦痛な仕事だ。自分に合わない仕事だと。
仕事なんてみんなそうだろ!ってツッコミ喰らいそうですけど、それとはまた違って仕事してる時にプチ離人病頻繁に起こしてました。自分にとっては辛くて。
落ち込みました。
皆がこんな簡単な仕事で金もらえるとかいいわ~wwとか言ってる中で自分だけが出来ないって事に。
その事が分かっただけ今後の指標になって良かったけど。
ホント不思議なのはよく更新の話をしてくれたなぁと未だに疑問に思うぞ。

唯一話してくれる別班の男性が居なかったら途中でバックレてたと思う。
有り難いことに、期間工やらなそうなタイプの女性が入ってきたから浮いてないか心配で話し掛けてくれた、との事。
最初は喪女の癖にし、下心か?!とか勘ぐったけどおもいっきりタイプじゃない!と言われてそれから色々と話せて気がらくになったなあ。
んでその人私あと同僚のおっさんで話すことがあるけどこのおっさんが癖者で何も出来なくて今まで貴様どうやって暮らしてきたんだよ?!ってツッコミたくて仕方ない。
アレデキナイカラヤッテ~コレデキナイカラヤッテ~っていい歳こいてそりゃないでしょ。
私あんたの召使いじゃないぞ。
本人は生きて来た中で必ず助けてくれる人が居たんだよね~って呑気な事言っててイライラMAX。
あぁ早くおっさんと離れたい。

広告を非表示にする